マジャレンカ大学の一般講演、Kusanagiについて

universitas-majalengka

大学生の一般知識を高める為に、西ジャワにあるマジャレンカ大学は定期的に一般講演が開催される。この一般講演の為に、政治家、実業家、技術者、さまざまなバックグラウンドの人を招いて、活躍している分野を学生達の前でスピーチさせる。Kusanagiというワールドクラスのサーバ技術を持っているプライム・ストラテジーも講演する機会を設けられた。大学側の名誉ある招待にシステムインテグレーション部門のヘッドであるブディ・イラワン氏が2016年4月22日に開催された一般講演に行った。

ブディの講演では、ITの最新状況をはじめに、ITの発展にプライム・ストラテジーが貢献している分野をかるく話していた。その後、ワールドクラスのバーチャルマシンであるKusanagiの開発の背景、経緯、そして開発のプロセスを詳細に説明された。

Kusanagiは、インドネシアではあまり知られていないが、プライム・ストラテジーの本社がある日本ではさまざまなメディアに取り上げられ、特にサーバ系の技術者に注目されている。多くの技術者がKusanagiを体験されてから、優れたパフォマンスに高い評価を寄せられた。

budi

講演を聞きに来た学生達は、興味深くブディの講演を聞き、質問も質疑応答の時間前にも、多く出された。Kusanagiの開発にローカルエンジニアーも参加されたことを知り、学生達の興味もより高くなって来た。その為、講演の時間もオーバーとなり、仕方なくブディは残っている質問、メール等でプライム・ストラテジーまでお問い合わせくださいと伝え、講演を終わらせた。